紙箱支援いろは

役に立つ情報が満載!紙箱についての詳細情報を多数揃えています。

紙箱のフタ付きトレー箱のN式について

紙箱の用途ですが、多くは贈り物を送るために使われます。その際にお菓子などの詰め合わせを送る際に利用する場合、フタ付きトレー箱を利用する場合が多くあります。ミとフタの部分が一体になっているので、フタを開けるとすぐに物を入れることができるミの部分になります。フタを開けた直後にすぐ中身が目に飛び込んでくるタイプとなっているので、送るものの詰め合わせの種類を一度に見渡すことができます。フタ付きトレー箱には4コーナーと呼ばれるタイプがありますが、より商品を綺麗に見せることができるのがN式となります。N式の場合はフタの部分がミの側面と繋がっているタイプです。4コーナーの場合は折りたたんで組み立てたさいにスジが見えてしまうのが難点でしたが、N式の場合は蓋をした時の仕上がりが綺麗なのが特徴の1つとなります。

紙箱の種類の額ありタイプについて

紙箱の種類として一般的に多いのは物を入れるミの部分とフタの部分で作られるタイプとなります。フタとミが別々に別れているタイプもあれば、ミの部分にフタが繋がっているタイプなどがあります。その中でも紙箱の種類のなかでミの部分だけでも成り立つタイプがあり額ありタイプとなります。ミの部分の縁周りに厚みがあるのが特徴です。通販サイトなどを利用して購入する場合は額ありの場合は基本フタがついていません。ですが別にフタありにすることで後からつけることは可能です。額ありの場合は縁周りに厚みがあるのが特徴なので、組み立てる際には少し複雑になります。丁寧に折り目にそって順序良く折り曲げていかないと仕上がりが歪んでしまったり、箱が切れてしまうことがあるので丁寧に扱うことが大切です。縁に厚みがあるため、仕上がったさいのはこの強度はとても高いタイプとなります。

紙箱の種類の額なしタイプについて

紙箱の種類の1つとして、箱の縁に当たる部分に厚みがある物として額ありタイプがあります。額ありになることで箱自体の強度なども上げることができます。ですが紙箱の紙種類には額なしタイプもあります。額ありのように縁の周りに目立つ厚みはありませんが、縁になる部分を一度折り曲げて作るタイプになるのでフタ付きトレー箱などに比べて仕上がりが丈夫にすることが可能です。組み立てかたは4辺を内側に織り込むことによって作りますが、フタ付きトレー箱に比べて組み立て自体は複雑なので丁寧に織り込みを行うことが大切です。額ありと同じように基本的には額なしもフタはありませんが、フタありタイプなどもありますので、フタをつけることでぐっと高級感のある紙箱にすることができます。またミやフタの縁の部分がなめらかに折り曲げられているので、手触りなども良いのが特徴となります。